ただの物忘れと思われがちな軽度認知症。一体どんな症状なのでしょうか

HOME>オススメ情報>自分でも気づかない?軽度認知症とはどんな症状なの?

軽度認知障害とは

軽度認知症とは、正常な人と認知症の中間ともいわれており、本人でも気づかないほど軽度の物忘れなので見過ごされる可能性も高いです。

検査までの流れ

少量の血液を採血します

検査内容は採血です。7ccという本当に少量の血液を採血するだけです。

検査結果は2~3週間後に判明

専門の検査を行い、詳しく調べる為検査結果がわかるまでには2~3週間かかります。

検査の結果を医師と一緒に確認します

検査結果は医療機関まで行き、確認をするので検査結果を医師と一緒に確認をしましょう。

予防方法など今後の対策を確認

認知症の予防には生活習慣病の予防が必要です。運動や健康的な食事で認知症や生活習慣病を予防することが出来ます。

定期的に検査をしましょう

定期的に検査を行う事で認知症の進行を遅くすることが出来ます。定期的に検査を行いましょう。

どんなサインがあらわれるのか

女性

日本人が高齢化国家になったのは人口減や年齢別の比率を見てもわかります。人生の全てを健康で過ごす事が出来ればいいのですが、高齢者の4分の1は軽度認知障害以上の状態になっているという統計があります。軽度の場合は特に本人や家族もそういった病気なのかわからない場合があります。何回も同じ話をするようになったり、物を良く紛失したりするようになるのが軽度認知障害の特徴ですが本人は悪気がありません。怒らないで聞いてあげたり、紛失しないように置き場所を決めたり全員で探すなど孤独感を与えないようにする事が大事です。

無理をしないで協力して面倒をみる

男女

一生懸命付き合って親身になって介護することは非常にいい事ですが、どこかで疲れ切ってしまう可能性もあります。介護は1人でしようとは考えないで、関係者全員で行うのがベストです。朝や昼や夜など時間帯で変えるのもいいですし、大丈夫なら週末だけとか無理しない範囲で考えるのがベストです。軽度認知障害は日常生活に支障がない場合が多いので、できるところまで本人に任せてみるのも悪くないかもしれません。まず本人の行動をよく観察してみる事が大事です。

プロの手を借りるのもいい方法です

男女

子供の数が減っているので、兄弟がいなくて自分が面倒を見なきゃいけないけど仕事もしなきゃいけないと悩む場合もあると思います。軽度認知障害なら、プロの手を借りてもそんなに大袈裟にはなりません。地域の介護サービスはインターネットですぐに探せるので、相談してみるといいです。

広告募集中