宇都宮市内で放課後等デイサービスを利用する際に考えるメリット

HOME>トピックス>子どものサービス

利用する場合

女性保育士

子どもの知的障害があった場合、様々な療育サービスを受けることを考えるでしょう。保育所も中々入所をすることができなかったり、仕事をしたいのにできないままでいたりという人もいます。子どもが障害を抱えていると、どうしてもお金がかかってしまうので、仕事をしないわけにはいかない、という女性はとても多いです。また学校に通うようになった場合、学校が終わってからどうするのか、という問題も発生してきます。宇都宮市内には放課後等デイサービスを行っているところもあります。専門の資格を持った職員が対応をしてくれるので、トラブルも起こりにくいです。またトイレの介助なども行ってくれたり、放課後等デイサービスを利用している子ども同士で交流を持って刺激を与え合うということも出来たりします。専門の資格を持った職員がいてくれる、というのは大きなメリットです。

利用できる対象者

放課後等デイサービスを利用したいと考えていても、その対象にならないということもあるでしょう。宇都宮市内にも放課後等デイサービスはありますが、障害者手帳を持っていなければ利用をすることができないなどの条件があります。また障害が重い場合、他の利用者に危害を加えることになってしまう、ということになれば利用を許可できないという可能性もあります。それぞれの放課後等デイサービスによって規定は異なってくるので、必ず問い合わせをして利用をすることができるのかどうかを確認しておくとよいでしょう。また預かる時間も決まっているので、決められた時間までにお迎えに来ることができる、ということも条件に指定されていることがあります。もしもの時にサポートをしてくれる人がいないと利用をすることができない場合もあります。

広告募集中